事例その1:某支援機構様

事例その1:某支援機構様

(※公共施設である為、機構名・ご担当者様名は非公開となります)

複数の建物間を無線対応することで課題解決した事例

某支援機構様には、平成25年11月にシングシステムズの出退表示システムをご導入いただきました。
某支援機構様では寮設備も備えた建物内に事務所がある為、建物が大きく事務所が複数の棟に分かれているという事情がありますが、当社製品であれば無線での対応が可能ということを理由にご利用いただいております。

現在は4台の表示盤と操作器を異なる部署にてご導入いただいており、「出退表示システムがなければ、その都度、在席しているかを確認する必要があったが、導入後はその必要がなくなり今は非常に助かっている」というお喜びの声をいただいています。

導入後の出退表示システムのイメージ

  • 無線LANを使用します。
  • 距離が離れていても無線が届くように中継機を設置しました。
    無線にて表示切り替えが可能な出退表示盤を各部署に設置しました。

ご担当者様にはアンケートにご協力いただき、下記のようにお答えいただいています。

シングシステムズの製品をお選びいただいた決め手は何でしょうか?

無線対応ができることが必須条件でしたが、その条件に合致した為です。

どのようにシングシステムズの製品を見つけられましたか?

インターネットで検索し、見つけました。

他社製品も検討されましたか?

同様にインターネットで検索し、他社も複数検討しましたが、無線を使って他のオフィスと連携可能なのはシングシステムズさんのみでした。通常は当機構の規定により複数社の見積もりが必要ですが、他に候補がなかった為、結果的にはシングシステムズさん1社のみでの入札となりました。

製品を導入してどのように変わりましたか?

上司が在席しているかを事前に確認できるようになりました。建物が大きいので、わざわざ在席確認の為に席を立たなくてもよくなったメリットは大きいです。

某支援機構ご担当者様、取材にご協力いただきましてありがとうございます。

pagetop

Copyright (C) 2017 singsystems. All Rights Reserved.