IoTブログ

IoT×出退表示、今後の展開について。 2017.11.24

みなさん、こんにちは、シングシステムズの新宮です。

今回は、弊社がメインに行なっている出退表示システムについて、お話したいと思います。

出退表示って何?

まず、出退表示システムとは、そこに人がいるか?いないか?人の出退状況を表示するシステムです。

主に会社の社員寮、議会場、官公庁の役所など、従業員、議員、職員の方々の動向を管理したいところに使われております。

出退表示システムを導入するメリットは以下の通りです。

・人の不在/在席などの管理が容易になる
・電話や受付の取次がスムーズになる
・出退状況の把握によって、稟議・決裁など、動きがスムーズになる

どんなモノで作られているの?

簡易的なモノであれば、ホワイトボードで製作して運用していることが多いです。

ただ、ホワイトボードは、組織内部で使う分には問題ありませんが、来客が多い場所で使うには、少々見劣りしてしまう気がします。

対外的に見栄えを重視する場所では、LEDランプの出退表示システムが望まれております。

主に官公庁や大企業など、外部の人間に対しても、はっきりと視認させる必要がある組織では重宝されています。

また、最近では、パソコンを使ったシステムの内容のデータを、液晶モニタ(テレビ)を用いて、
表示するデジタルサイネージ(液晶モニタを使用した表示方法)が多くなっております。

さらに、今後の傾向として、グループウェア(PCで業務管理を行なうソフトの総称)上の
出退表示状況を表示する事が多くなると予測されています。

近年、IoTの流行より、インターネット上で、いろんな情報のやり取りを行なう事が盛んになるので、
出退表示システムの活用も、今後も大いに発展すると思われます。

 

もし、ご興味がございましたら、弊社製品が色々と載っている、こちらのサイトをご参考ください。
弊社HP http://www.singsys.jp

pagetop

Copyright (C) 2017 singsystems. All Rights Reserved.